WEBフォーム 電話する

融資とファクタリングの違い

ファクタリングについて説明する女性

株式会社トラストゲートウェイ(以下「当社」といいます)では、従来の「借入」を中心した銀行融資依存の脱却を目的とした事業者様向けのファクタリングサービスを提案し、資金繰りに悩む利用企業様の資金調達サポート及び経営コンサルタントを主な事業としています。
まずファクタリングサービスとは一体どのような資金調達手法なのか、その概要と仕組みについてご説明したいと思います。

ファクタリングとは、事業主様が現在保有している「売掛金」を当社が買い受ける事で売買代金分を資金として提供する仕組みであり、法律上『債権の売買契約』に該当する契約になります。
つまり、売掛金の支払いが数か月後を予定している場合であっても、当社とのファクタリング契約により、期日前であっても実質的な早期入金が可能となるのです。

「完成後に代金を受領するケースが多い建設業者様」
「レセプト請求により入金スパンが数か月後となるクリニック様」
「早急に仕入れたい商品がある小売店様」

といったように、入金は確定しているがそれまでのつなぎ資金が欲しいというシーン(経営の立て直し、キャッシュフローの改善、新規開業等)の資金調達方法として非常に有用であり、現在多くの事業者様からご愛願を頂いています。

様々な業種の方に利用されるファクタリング

買取対象となる「売掛金」の定義

納品やサービスなどの提供が完了し(売掛金が発生)既に請求書を出しているが、取引先事業者様の都合により、ご入金期日前(未回収)の売掛金を指します。

また、従来の資金調達として一般的であった銀行融資は法律上「金銭消費貸借契約」に該当するため、貸借対照表上の負債を増加させてしまうばかりか、期日に弁済を行わなければならない点、不動産や車両・事業用機器を始めとした物的担保や保証人等の人的担保を提供しなければならないというデメリットがありましたが、前述した通りファクタリングは「売買契約」であるため、これら担保・保証人の提供が不要であり、また、審査は債権額の確認程度となっており、実質ほぼ「無い」と言っても過言ではありません。

トラストゲートウェイの強み

ファクタリングサービスは、まだまだ認知度が低い資金調達であり、当ぺージをご覧いただいている方のほとんどがファクタリングについては未だよくご存知無いのではないでしょうか。
これらの疑問は事業者様に於いても例外では無く、初めて利用される方はファクタリングについて「こんな方法があったのか!」と驚かれるケースがほとんどです。

当社では、お申し込み頂きましたご利用者様に対し、ファクタリングサービスとはどのような資金調達なのか、契約内容、融資との違い、法律上の扱い、会計処理等、ご不明点を全てクリアにした上で契約を締結させて頂いておりますので、ご安心・ご納得の上でご利用が可能であり「気が付いたら契約させられていた」という事は一切ございません。

トラストゲートウェイの利点について説明する男性

なお、全国展開を行うファクタリング会社が増加している中、当社ではサービス提供範囲を「九州内の事業者様」に限定しています。
「スピーディに対応するため」というのはもちろんですが、実際に利用者様への元へ赴き、経営状態の診断からキャッシュフローの改善に必要な資金はいくらなのか、ファクタリングによる資金調達が本当に適切なのか、といったように当社では「事業者様が事業を立て直す上でもっとも効果的なプランを提供する事」を経営理念として掲げさせて頂いております。
僭越ながらご利用頂きました多くの事業者様からの満足度は非常に高いものと自負しており、この親切・丁寧な対応と的確なアドバイス・コンサルティングこそが当社の強みです。
対応範囲外の事業者様には大変なご不便をお掛けしてしまいますが、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

ファクタリングサービスのメリット一覧

ファクタリングサービスによる資金調達には以下のメリットが考えられます。

ファクタリングサービスのメリットについて説明する女性

①売掛金の即日資金化による資金の早期確保

30万(小額)から多額の売掛金、支払サイトも短いものから60日までの御社の売掛金を従来の入金日より前に買取りさせて頂き、早期に売掛金を現金化することが出来ます。

②運転資金の確保

売掛金を早期に資金化することにより、運営資金など運転資金の大幅な改善に繋がり現金での仕入れなどコストの削 減にも繋がります。

③融資ではない

当社のファクタリングは、ご融資(金銭消費貸借契約)ではなく、売掛金の買取契約(売買契約)該当します。
そのため、当社のファクタリングサービスをご利用いただいても負債には計上されませんので、ご安心してご利用頂く事が可能です。

④長期的に利用可

契約期間など事業主様(お客様)ごとに、契約期間、買取額の枠を設置させて頂き、買取り枠の範囲内であれば継続的に繰り返しご利用可能となっており、2回目以降は更にスムーズにご利用頂けます。

⑤破綻リスクの低減

万が一、取引先事業者様(売掛先)が倒産してしまった場合でも、早期支払いした分のファクタリング代金のご請求は致しません。
また、回収不能に陥った場合でも当社が回収のリスクをご負担致します。

⑥キャッシュフローの改善

売掛金の早期支払いを受ける事で、キャッシュフローの改善が可能です。
銀行融資の様に担保や保証人をご準備頂くこともありませんので、スピーディに資金調達出来る点もファクタリングの強みと言えます。

⑦貸借対照表(B/S)のスリム化

ファクタリングは借入金ではございませんので、貸借対照表上負債にはなりません。
そのため負債の部に計上する必要が無いため、資産比率に影響を与えず、第三者へ悪印象を与えてしまう心配がありません

当社が提供するファクタリングサービスの種類

ファクタリングの種類には、大きく分けて以下の二つがあります。
ファクタリング会社によってはいずれかしか対応していないケースもありますが、同社ではいずれの方法も対応しているため、シーンに応じて使い分けられるという点が強みです。

2社間ファクタリング

文字通り、当社とご利用事業者様の2社でファクタリング契約を締結する方法です。
売掛金の価値を算定した後、当社からの買取額の早期入金を受取って頂き、売掛先(売掛金を支払う取引先様等)よりご入金があり次第当社へ早期入金分をご入金頂く事により取引完了となります。
ご利用事業者様が有する債権先が介在しないため、周知される事はありません。

2社間ファクタリングのイメージ図

特徴 取引先に周知されない、スピード面に優れている
法的性質 当社とご利用事業者様による売買契約

3社間ファクタリング

ご利用事業者様が有する売掛債権そのものを当社へ譲渡する方法です。
法律上「債権譲渡」に該当するため、売掛先へ譲渡した旨の通知を行う必要があり、ご利用事業者様・当社・売掛先の3社が介在するため、通称「3社間ファクタリング」と呼ばれます。

3社間ファクタリングのイメージ画像

特徴 取引先に知られてしまうが、買取額が高い
法的性質 ご利用事業者様から当社への債権譲渡

ファクタリング方法にお悩みの際は、両者に対応しているトラストゲートウェイへまずはご相談ください。

※ファクタリング・ABL(債権担保融資)等、中小企業庁に於いても「売掛金」を利用した資金調達方法は推進されており、今後ますます需要が拡大するものと考えられています。

※詳しくは中小企業庁ホームページをご覧下さい。

ファクタリング無料相談はこちらから ファクタリング無料相談はこちらから
Copyright©2017 福岡県ファクタリングの株式会社トラストゲートウェイ All Rights Reserved.